眞名井神社に水を汲みに

2018年12月のとある日、
京都のパワースポットで有名な
「眞名井神社」へお水を汲みにいきました。

分かる人には分かる。

Overview

龍神様とチャネリング。
色々とリンクします。

この龍は、
潮満珠(しおみつたま)と
潮乾珠(しおひるたま)の2珠を持って・・・

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

YouTube

4K1080p60以上の解像度

見る事をオススメします。

眞名井神社 / MaruTangle(マルタングル)

チャンネル登録してくれたら幸いです。

摩訶不思議ナリ

今回の動画は意味があります。
分かる人に伝わればそれで良いのです。

日本三景の一つ。
京都の天橋立にある
眞名井神社(真名井神社)は、
元伊勢 籠神社 奥宮とされています。

2018年12月のとある日。
お水を汲むクエストで向かう事に。

天橋立駅(あまのはしだてえき)から、
徒歩で向かうと途中、

虹が出ていました。
晴れていたと思ったら、
雨。そして止む。

神社へ行く前の雨や、
参拝中の雨は「禊の雨」とも言われるそうです。

晴れているのに雨が降ったりと、
偶然ではありますがよくそのような自然現象は起こります。

神社で起こる歓迎サインの一つ。

その他にも、

ふわっとした風などもあります。
(伊勢神宮などはふわっとした優しい風。)

貴船神社 奥宮 船形石より ※後日、参拝時


↑宇宙から来た黄色い船が貴船になった説あり

鳥居をくぐる時は一揖(いちゆう)します。
参拝の作法はお調べください。

丹後一宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ)
丹後一宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ)
倭宿禰命像(やまとすくねのみこと)
倭宿禰命像(やまとすくねのみこと)

浦島太郎を連想した後、
※この亀ならいけるっ!

出雲大社の大国主命を彷彿。


神話と生きる町、出雲。※記憶から蘇る
出雲1
若かりし大国主命。
出雲2
幸魂奇魂よ!
幸魂奇魂
別アングル。
出雲4
昼:因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
夜:因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
出雲大社では社殿は南向きであるのに対して、
御神座は西向き。※↓ここでお参り
出雲6
↓こちらでも大国主命について記載。
2013年の「平成の大遷宮」に良きご縁で
参拝させて頂きました。
あの日、
多くの方が奇跡を目の当たりにしたと思います。
出雲8
その珠は。


話がだいぶ脱線しました。
戻ります。

籠神社を抜け、
参拝ルートを行くと、
眞名井神社3
少しだけ山を登り、
眞名井神社4
眞名井神社5
天の眞名井の水
眞名井神社6
汲む方はこちらで↓
※参拝後に汲むほうが良いでしょう。
眞名井神社7
眷属の龍像が置かれており、
この龍は、
潮満珠(しおみつたま)と
潮乾珠(しおひるたま)の2珠を持っています。

このシーンを今回はチョイスしました。
眞名井神社8

そして、
同じ時期に撮れた、
龍雲彩雲。

動画内には龍がいます。
※無理やり、龍に見ようとするくらいで全然OKです。

これらを合わせて、
今回の


です。

階段の先は撮影禁止なので、
是非、参拝してみてください。

改修工事も終わっているので綺麗になっています。

龍神様、蛇神様、
視る方によっては・・・

ご自身の感覚を信じてみてください。

参拝を終え、
水を少しだけ汲み、
天橋立
を望み、(もはやこれも龍に見えるスピリチュアル中毒現象)

帰りに籠神社で、
眞名井神社9
これを買いました。

はるか昔から、
子供から大人・老人たちがガチで
龍を見ているんだなと思います。

脳の誤作動で見えているだけかもしれません。

実際に存在していて、
視覚ではなく知覚できる存在であったり。

量子レベルの生命体、または、その集合体、
気の流れ、地場・磁力、違う次元の存在。

分かる人には分かる。

ただそれだけです。

でもそれは、
とてもロマンがあります。

そして、
龍が視えている人はめっちゃおる。

人間同様、
十龍十色。
たくさんの種類(性格)があるのでしょう。

ちなみ私が見ている龍は、
角と髭が金色で、
虹色の何か口から吹く、
白いふさふさの毛の龍・・・

ネバーエンディングストーリーの
「ファルコン」に近いです。

あと、
海にいる超絶でかい白い龍は表現不能。
(石垣島と鳩間島の間の海に!?)

信じるも良し、
信じぬも良し!

どうせやるなら、
もっともっと。
眞名井神社13

眞名井龍神

Used Music

0.6倍速で使用。
『M-OP』は こちら

◎使用した機材/ソフト

・iPhone XS Maxのみで制作

※絵・音楽・映像が

全てiPhoneに入っていた為

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事