【VR/AR】Connecting Effect

Connecting Effect

何かに繋がることで得られるエフェクトは無限大です。
良い影響、悪い影響と様々なケースがあります。
その空間で得られる効果は何でしょう。

再生すると360度で見れます。
※PCなどのブラウザ推奨

Overview

Connecting Effect

現実世界で行き交う生命エネルギーをMaruTangleの世界観で表現しました。

《体感方法》

①最初は黒いバリア(自分自身のバリア)の中にいます。奥で星の様に光を放つのはコア(自分自身の核)です。黒い線の隙間から見える様々な色合いは、仮想空間ならではの「色の表現」だと実感することができます。世界との繋がりがあるが故に、黒いバリアの一部は欠けています。

②次にその黒いバリアから外へ抜け出し、色が複雑に絡み合う世界を見回してください。

③色が重なり合う境界線から外へ抜け出し、色の世界と黒い世界(無)の空間をご覧ください。上を見上げると乗り物に乗っているかの様な錯覚を得られる場所とタイミングがあったりもします。

④何もない黒い空間をしばらく進み、元いた場所を眺めてみてください。カラフルなエネルギー体があなたの目の前に存在します。

⑤最後にデバイスを外して現実世界へ帰還です。

《イメージ動画》
4K1080p(HD)以上の解像度で見る事をオススメします。

《説明》

目の前に映る世界では、人種・性別・年齢、氣やオーラなどの様々なエネルギーが複雑に絡み合っています。作品内ではそのエネルギーが様々な色や形で動いています。規則的に動いている理由は、現代社会における多くの人の行動パターンが規則的だからです。全ての色が溶け合うと色はグレーか黒になります。全ての形が溶け合うと境界線がなくなります。それぞれに色があって良いですし、それぞれに形があって良いと思います。混ざり過ぎない程度に交差した表現が今回の作品です。丸いカタチにこだわる理由は、見渡せる範囲が丸の中(360度)だからです。

仮想空間内で表現された人々のエネルギーを、もう一度現実世界に置き換えてみると地球はエネルギーで満ち溢れていると感じます。現実空間と仮想空間を脳で接続する効果を「溶け合うリアリティ」と考えました。

シンプルな作品ですが脳を刺激します。楽しい瞬間をお楽しみください。

STYLY Mobile Appで見れます。

(カメラを使用します。)


アプリ内の検索で「Connecting Effect」

360度で体感してください。

素材

KALEIDOSCOPE
チャンネル登録してくれたら幸いです。

関連作品


おすすめの記事